男性ホルモン受容体

ハゲる人とハゲない人がいるのはなぜ?

「ハゲる人とハゲない人がいるのはなぜ?」

 

 

男性ホルモンによる脱毛症AGA。
男だったら、皆男性ホルモンが体内に流れているのに、どうして
ハゲる人とハゲない人がいるのか不思議に思ったことはありませんか?

 

・・・

 

  • 遺伝だから
  • ハゲる家系だから

 

と一言で片付けられてしまいがちですが、禿げる人と禿げない人の決定的な違いは、

 

 

AGAでハゲる人とハゲない人の違い|男性ホルモン受容体の感受性がポイント!

 

 

なんですよ。

 

 

初めて聞く人にとっては、

 

 

「何それ?男性ホルモン受容体の感受性?」

 

 

と思うと思いますが、男性ホルモン受容体の感受性がハゲるかハゲないかの明暗を分けるのです。

 

男性型脱毛症AGAの原因はコチラでも紹介しておりますが、ジヒドロテストステロンという成分。
男性ホルモンの主成分であるテストステロンが、毛根内で5αリアクターゼ酵素の働きによって
ジヒドロテストステロンと呼ばれる成分に変化し、この成分が脱毛作用を働くわけです。

 

で、

 

このジヒドロテストステロンはハゲる人だけに発生する物質かといえばそうではありません。

 

年をとっても全くハゲることなく、髪がフサフサの人っていると思いますが、そういう人でも
ジヒドロテストステロンは発生するのです。

 

 

AGAでハゲる人だけにジヒドロテストステロンが発生するわけではなく、
男性であれば誰でもジヒドロテストステロンは発生するのです。

 

 

にも関わらず、ハゲる人、ハゲない人がいるのはなぜかと言えば、
それは男性ホルモン受容体の感受性の高さの違いなのです。

 

ジヒドロテストステロンが脱毛作用を引き起こすメカニズムを
さらに細かくご紹介すると以下のようになります。

 

 

  • ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結合

           ↓

  • TGF-βと呼ばれる脱毛因子が発生

           ↓

  • 発生したTGF-βが毛根で脱毛作用を引き起こし、毛周期を狂わせる

 

 

AGAのメカニズムをさらに紐解けば、TGF-βと呼ばれる脱毛因子が原因になっているのです。
そして、このTGF-βはジヒドロテストステロンと男性ホルモン受容体とが結合して発生するのです。

 

 

ここで重要になってくるのが、男性ホルモン受容体の感受性です。

 

 

男性ホルモン受容体の感受性が高い人はよりジヒドロテストステロンと結合して
より多くのTGF-βを産生する。

 

しかし、

 

男性ホルモン受容体の感受性が低い人はジヒドロテストステロンとの結合力が低く、
TGF-βが産生されにくい。

 

ハゲる家系の人というのは、遺伝的にこの男性ホルモン受容体の感受性が高い人です。

 

逆に、

 

ハゲない人、ハゲない家系の人というのは遺伝的に男性ホルモン受容体の感受性が低い人です。

 

AGAの元凶はジヒドロテストステロンなのですが、さらにもっと細かく言えば発生したジヒドロテストステロン
と男性ホルモン受容体とが結合して発生するTGF-βと呼ばれる脱毛因子です。

 

そして、この脱毛因子TGF-βの発生の大小を大きく左右するのがジヒドロテストステロンと
男性ホルモン受容体との結合力、つまり男性ホルモン受容体の感受性なのです!

 

 

髪全体が薄いのはAGA→