女性AGA

女性のAGAについて

AGAは、男性特有の”ハゲ”の症状と思われがちですが、
女性にもAGA(男性型脱毛症)というは存在します。

 

男性のAGAは、一般的に前髪の生え際や頭頂部から部分的に薄くなるのに対して、
女性の薄毛は部分的というより、全体的に髪が薄くなるのが特徴です。

 

で、

 

女性のAGA(男性型脱毛症)の原因はズバリ、

 

ホルモンバランスの乱れ!

 

です。

 

女性の体内には、女性ホルモンが流れていると同時に、男性ホルモンも流れています。
通常の女性に流れるこれらのホルモンのバランスは

 

女性ホルモン:男性ホルモン=10:1

 

と言われています。

 

つまり、女性の体内に流れる男性ホルモンは、女性ホルモンの1/10程度ということです。

 

しかし、

 

年齢を重ねるとともに女性の体内に流れる女性ホルモノは減少していきます。
そして、更年期、閉経を迎えた女性は体内に流れる女性ホルモンが著しく減少します。

 

それによって、

 

女性ホルモンと男性ホルモンの相対的なバランスに崩れることが女性のAGAの原因なのです。

 

 

通常の女性のホルモンバランス

 

女性のAGA|原因ホルモンバランスの乱れです!

 

更年期、閉経を迎えた女性のホルモンバランス

 

女性のAGA|原因ホルモンバランスの乱れです!

 

 

↑この図をみてお分かりのとおり、女性の体内における男性ホルモンと女性ホルモンの
ホルモンバランスが崩れることが女性のAGAの原因です。

 

それまでは相対的に女性ホルモンに比べれば圧倒的に少なかった男性ホルモンが
更年期、閉経を迎えるとその相対量が増えていくので。

 

相対的に増えた男性ホルモンによって引き起こされるが女性のAGAの原因なのです!

 

 

←リーブ21には行くな!

AGA治療ランキング、クリニック人気1位はココ!→