AGA原因

AGAの原因

AGAの原因は男性ホルモン。

 

男性ホルモンの主成分は、テストステロンという物質なのですが、
このテストステロンが毛根内で5α-リアクターゼと呼ばれる酵素によって
ジヒドロテストステロンと呼ばれる成分に変化することでAGAは進行していきます。

 

AGAの元凶はこのジヒドロテストステロンなのです!

 

髪には、成長期、退行期、休止期と呼ばれる3つの周期があり、
それぞれの周期を経て髪は生え変わっていくのです。

 

それぞれの毛周期の期間は正常な人で以下のとおりです。

 

  • 成長期・・・2〜6年
  • 退行期・・・約2週間
  • 休止期・・・約3か月

 

毛根内で発生したジヒドロテストステロンは、髪の再生細胞に働きかけ、
この毛周期を狂わせてしまうのです。

 

AGAの原因とそのメカニズムについて!

 

 

通常2〜6年ある成長期がジヒドロテストステロンの作用によって
わずか数か月とい短い期間で終わってしまったり、通常であれば
まだまだ成長を続けるはずの髪が途中で抜け落ちてしまうのです。

 

  • 通常は抜けるはずのない髪がどんどん抜けていく
  • 生えてきてもすぐに髪が抜け落ちていく

 

この悪循環が繰り返されることで髪はどんどん薄くなってしまうのです。

 

ハゲ、薄毛は髪が生えてこなくなるからだと思っている人がたくさんいますが、
髪が生えてこないわけではありません。

 

生えてきてもすぐに抜け落ちてしまうのです。
薄毛の人の頭皮をよく観察すると、細い産毛がたくさん生えています。

 

正常な人は時間が経過するとこの細い産毛がだんだん太くなっていくのですが、
AGAの人はこの産毛の段階で髪が抜け落ちてしまうのです。

 

 

AGAの原因、元凶はジヒドロテストステロンです!

 

 

そして、このジヒドロテストステロンが毛根内で脱毛作用を引き起こし、
毛周期を狂わせることで見た目に髪が少なくなってしまうのです。

 

 

←AGAとは?

AGA治療ランキングはコチラ→