Harg療法とは

Harg療法とは・・・

Harg療法とは?発毛率90%!薄毛治療の最終兵器!

Harg療法とは何なのか?

 

・・・

 

一言で言えば、頭皮に直接毛髪の成長因子を注入する
薄毛治療のことです。

 

正式名称は、Hair(毛髪) Re-generative(再生) theraphy(治療)。
この頭文字をとってHarg療法と言われています。

 

Harg療法のメリット

この治療法の最大のメリットは、短期間で高い発毛効果が現れるところです。
だいたい月に1回の治療を継続的に行うのがHarg療法ですが、
早い人であれば3ヶ月くらいで効果が現れてきます。

 

AGAの治療と言えば、まずはプロペシアやミノタブなどの内服薬が挙げられますが、
内服薬での療法はピンポイントで直接弱った毛根に働きかけるのは難しいです。

 

Harg療法は、弱体化した毛髪の再生細胞を活性化する成長因子、ビタミン剤などを
頭皮に注入することで直接的に弱体化した毛根細胞を活性化することができます。

 

 

Harg療法のデメリット

  • 治療費用が高額であること
  • 月1回ほどの治療を継続的に行う必要があること
  • 痛みの伴う治療であること(クリニックによる)

 

 

何を注入するのか

実際に注入する成分は、患者の症状やクリニックによっても異なります。
一般的に、注入される成分として以下のものがあります。

  • 成長因子(IGF-1、VEGF等)
  • 複合ビタミン剤
  • 毛髪を構成するアミノ酸
  • 血管拡張剤
  • フィナステリド剤

 

 

注入方法

注入方法は、クリニックによって様々です。
一般的には痛みを伴うとされていますが、完全無痛麻酔や、痛みの伴わない
ノーニードルメソセラピーなどもあります。一般的な注入方法は以下のとおり。

  • 注射器
  • ダーマローラー、ダーマスタンプ
  • 電気穿孔法

 

 

治療回数・期間

  • 治療期間は最低3ヶ月から6ヶ月〜12ヶ月くらいです。
  • 期間としては月に1回くらいが平均的。

 

効果の現れ方は人それぞれですが、早い人3ヶ月目あたりから効果が現れてきます。

 

AGAの治療といえば、まずは内服薬であるプロペシアや外用薬であるミノキシジルが
一般的ですが、全ての人に効果があるかと言えば、そうではありません。

  • プロペシアの効果が得られやすい人
  • プロペシアの効果現れにくい人

 

と、効果の出方は人それぞれです。
どんな薬でも効果の現れ方は人それぞれですからね。

 

Harg療法はプロペシアをはじめとする内服薬や外用薬であるミノキシジルでも
効果が得られなかった人にオススメの療法です。

 

また、一刻も早く薄毛を治療したいと考えている人や、プロペシアの服用がNGとされている女性、
AGAによる脱毛症ではなく、びまん性の脱毛症や、円形脱毛症でお悩みの人にも効果的な療法です。

 

 

←AGAの遺伝子検査とは?

女性のプロペシア使用はNG!→