AGA治療血液検査

AGA治療専門のクリニックで行われる血液検査って何?

AGA治療のクリニックの治療メニューなどでよく耳にする

 

 

”血液検査”

 

 

「この血液検査って何?」
「一体何を調べるの!?」

 

 

と疑問に思っている人も多いことと思います。
AGAを専門とするクリニックはだいたいのところでこの血液検査をおこなっています。

 

この血液検査はプロペシアを処方する前に行われます。

 

プロペシアというのは肝臓で代謝される薬です。肝臓に若干負担がかかるのです。

 

 

 

 

なので、プロペシアを処方する前にあらかじめ、その人の肝臓の状態をチェックする必要があるのです。

 

血液検査は肝臓に疾患がないかということと、肝臓がプロペシアの服用に耐えうる状態なのか
ということをあらかじめ調べるのです。

 

この血液検査をパスすると無事、プロペシアが処方されます。

 

プロペシアはAGAを専門とするクリニック以外、町の皮膚科でも処方してもらえる薬ですが、
中には血液検査も行わずにプロペシアを処方する皮膚科も存在します。

 

皮膚科の中にはこの血液検査をせずにプロペシアを処方する医院もあったりしますが、
プロペシアの服用前には必ず血液検査を受けることをオススメします

 

ある程度肝臓機能に負担のかかる薬ですので、プロペシアをいきなり服用して、
肝臓の状態が悪化したとなれば元も子もありませんからね。

 

あと、よく混同されがちな検査に遺伝子検査というものがあります。
この遺伝子検査は血液検査とはまた別のものになります。

 

血液検査はあくまでもプロペシアを服用しても問題ないか、肝機能の状態をチェックする検査ですよ!

 

 

←AGAの薬で体毛が濃くなるって本当?

AGAの遺伝子検査とは?→