皮膚科AGA治療

皮膚科での診察はアリか?

皮膚科に行くか、AGA専門のクリニックに行くべきか
で悩んでいる人って結構いると思います。

 

AGA専門のクリニックは、東京、大阪、名古屋をはじめとした大都市に集中していますよ。

 

地方に住んでいる人や、郊外に住んでいる人であれば地元の皮膚科でAGAの診断、治療を
してもらったほうが交通の便もいいですし、何より通うのに楽ですよね。

 

「皮膚科で診てもらうか、AGA専門クリニックで診てもらうか」

 

 

かで悩んでいる人にお伝えしたいのがそれぞれの診察、治療の施術内容です。
ある皮膚科とあるAGAクリニックの診察、治療内容を比較すると以下のようになります。

 

 

「AGA治療を皮膚科で行うのはアリ?」ホントのところをお話します!

 

 

これはあくまで一つの例にすぎませんが、皮膚科でできるAGA治療というのは限られています。
そのほとんどが、本人の希望があれば”プロペシアを処方するだけ”って感じの診察になります。

 

たとえ、AGA治療の実績がなくても医師免許があれば薬を処方できるのが医者というもの。
頭皮の検査、検診も特に行わず、

 

皮膚科医師: 「どうしますか?」
皮膚科医師: 「もし、希望するのであればプロペシアを処方しますよ。」

 

という軽いノリでプロペシを処方してハイ、診察終了!
って感じの皮膚科は非常に多いです。

 

もちろん、全ての皮膚科がそうではありませんが、AGAの症例数が少なければ、
医師そのものにAGA治療のノウハウそのものがないのです。

 

AGA専門クリニックであれば、

 

  • 頭皮をマイクロスコープでモニタに映し出しての検診
  • 事前の血液検査によるAGAの特性検査

 

といった専門的な検診を受けることができます。
さらに、治療の段階でもただプロペシアを処方して終わりではなく、

 

これまでの数多くの症例、数々の事例からその人に最適な内服薬、外用薬を
処方することができるのです。

 

さらに、

 

プロペシアやミノキシジルの処方に加えて髪の成長を促進する
成長因子を頭皮に注入する一歩進んだHarg治療まで受けることができますからね。

 

現在のところ、AGA治療に関しては皮膚科もAG専門クリニックも保険は適用されないので、
いずれにせよある程度の費用はかかってしまいます。

 

本気で薄毛を治すことを考えればやはりAGA専門のクリニックを選んだほうが無難ですよね。

 

 

←AGA治療はいつまで続けるの?

AGAに最も効く食べ物とは?→