AGAとは

AGAとは一体何か?

AGAの正式名称は、Androgenetic Alopeciaの略称で、
日本語では「男性型脱毛症」とよばれる症状のことです。

 

男性ホルモンが原因による毛髪の脱毛症のことを一般にAGAと呼びます。

 

  • 頭頂部からO字型状に脱毛が進行する症状
  • 前髪の生え際がM字状に後退する症状
  • 髪全体が薄くなる症状

 

など、ハゲ方は人それぞれですが、脱毛の主な原因が男性ホルモンによる作用であれば
総じてAGA「男性型脱毛症」と呼んでいます。

 

ハゲ、薄毛にお悩みの人全てがAGAというわけではありません。
毛髪の脱毛症とその原因を大まかにまとめると以下のようになります。

 

 

男性型脱毛症(AGA)・・・男性ホルモンが原因で脱毛が進行する症状。

 

円形脱毛症・・・未だにその原因は解明されていませんが、強い心的ストレスによって自己免疫疾患が原因とされています。

 

脂漏性脱毛・・・皮脂の過剰分泌や、頭皮の洗髪不足などによって頭皮上に残った皮脂が毛穴を塞いでしまうことによって生じる症状。

 

抜毛症・・・自分で自分の髪を抜いてしまうことによる脱毛症。

 

薬剤による副作用・・・抗癌剤など薬の副作用によって髪が抜け落ちてしまう症状。

 

産後の脱毛・・・妊娠中に乱れた女性ホルモンのバランスが正常化する際に引き起こされる脱毛症。

 

 

↑これが主な毛髪の脱毛症とその原因なのですが、最も多いのがAGA(男性型脱毛症)なのです。
日本人の成人男性の3人に1人がAGAの症状で悩まされていると言われていますからね。

 

髪トラブルで悩んでいる人はまずは自分が”AGAなのか、AGAではないのか”を知ることが重要ですよ。

 

AGAが厄介なのは、治療をしなけれがどんどん脱毛が進行してしまうこと。

 

最初は前髪だけ、頭頂部だけ薄くなっていた人も年月が経過すればするほど
その脱毛症は進行してしまいます。

 

こちらの図を見てもお分かりのとおり、いろんなハゲかたがありますが
最終的には後頭部と即頭部の毛を残して髪が抜け落ちてしまうのです。

 

AGAとはどういう意味?男性型脱毛症とは一体何か?

 

重要なのはなるべく早く治療を受けるってことです!

 

脱毛が進行している部分というのは毛根の細胞がどんどん弱まっていっています。
毛根の細胞が完全に死滅してしまえば、植毛でもしない限り復活はまずムリです。

 

「もっと早く治療しておけばよかった・・・」

 

なんて後悔しないためにも早期治療が何より重要ですよ。

 

AGAの原因とそのメカニズム→